上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2016102721473935d.jpg
新しく自転車用の部品を作りました。
思いのほか良い出来栄えなので紹介します。
20161027214746213.jpg
コクピットビュー。何が増えたか分かるでしょうか?
(調整中の為バーテープは剥がしてあります)


201610272147563d5.jpg
正解はこれ。写真中央のブレーキレバーです。
ダイアコンペのショートレバー。主にピストバイクにブレーキを付ける際に使うものです。


2016102721480321d.jpg
ダミーではなくちゃんと引けます。

一見補助ブレーキに見えますが、ブレーキではありません。
多分付けたところで上手く使えない自身があります^^;)

では、一体何なんのレバーかというと……














20161027214812624.jpg
ケーブルをたどってみましょう。

まずはサイコンの下を通って下に伸びます。



20161027214819499.jpg
途中にケーブルアジャスターを挟みつつまだ下がります。



20161027214839ddd.jpg
梨恵夢を別角度で。結構頑張ってます。



20161027214848962.jpg
ブレーキを避けてフォークの右側に来ます。



20161027214856485.jpg
フォークに添いながら下に進みます。



20161027214903714.jpg
やっと終点に着きました。

これは何かと言いますと、ハブライトのリモートスイッチです。



20161027214929967.jpg
ハブに付いているライト(RED LENSER X7R)は、エンド部分がプッシュスイッチになっています。

ホルダーとリンクは固定してあり、可動アームが下のネジを支点にして動きます。
ワイヤーを引くことで可動アームが右に引っ張られてスイッチを押すという構造です。



201610272149146aa.jpg

20161027214922fe9.jpg
別角度で。


今回製作するうえでこだわったポイントとしては
・輪行できるよう簡単にワイヤーが外せる
・補助ブレーキに見せかけた自然なレバー配置
・ワイヤーのスマートな取り回し
・心地よい操作感を出す為のリターンスプリング組み込み
といった所でしょうか。

製作過程は撮っていませんが、スイッチ部はアルミ削り出しで作りました。


今までは一旦停止してスイッチ操作をしていましたが、今度からは走行中に操作出来ます。
結構便利なのでハブライトを使用している方の参考になればと思います。( ̄へ ̄;)

★リーマ★
2016.10.27 / Top↑
←チェックを入れると管理者のみ閲覧できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。