上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
20150629223255983.jpg
ココ数年、ロードバイク系フレームにディスクブレーキを装着した自転車が増えましたね。
シクロクロスのレギュレーションで、ディスクブレーキが公認になった為だと思われます。

似たような種類に、シクロクロス、ディスクブレーキロード、グラベルロード、エンデュランスロード、アドベンチャーロードなどなど……
スケルトンジオメトリや剛性なんかが違うようですが、よく分かりません。全部シクロクロスでいい気がします( ̄〜 ̄;)

自分が乗っているバイクに似たようなものがあるのですが、どれにも属しません。
強いて言えば「ドロップハンドルMTB」かな?

というわけで2台目の紹介。
20150629223309a92.jpg
JAMIS TRAIL X2。米メーカーのMTBルックです。2010年納車。
こんな格好してたか?と思った方は前々からこのBlogをチェックしてくれている人です。
この装備でのUPは初めてです。

シフトとディレイラーは5700系105(松下の初期装備から移植)、チェーンとスプロケ(11−28)が4600系TIAGRA、ホイールがshimanoのMT15、ブレーキとクランクはよく分かりません。

通勤に使っているHENTAIバイクです。自転車に詳しくない人が見たらロードバイクだとか言い出すかもしれません。

HENTAIということで、今回のバイシクルガールは緑青です。(緑青は梨恵夢に対してガチ百合の設定です。例えると「これが私の御主人さ○」の倉内○奈。ちなみに梨恵夢にその気はありません)

ロードバイクに乗り始めてから、ドロップハンドルの快適性に気付き「JAMISもドロップ化出来ないか」と安易な考えでお店に依頼。
とりあえず形にはなったものの、MTBフレームにロード用コンポを強引に取り付けた感じです。
その為チェーンラインが合わず、フロントの変速に癖があります。
お店の人曰く「何とか取り付いた」そうな…

特徴としては、両極端なクロスバイクな感じです。
MTB用のフレーム・Fサス・ブレーキ・タイヤに、ロード用のハンドル・コンポーネントの組み合わせ。一般的なクロスバイクとは逆の組み合わせですね(ロードよりのクロスの場合)

快適なポジションにレンジが狭めなギヤ。制動力の高いブレーキと段差に強いサスペンション。ロードノイズが少なくパンクしにくい太めのスリックタイヤ。車重が重いことを除けば、街乗りするのに好都合です。

20150629223353022.jpg
「何とか取り付いた」クランク部。
105のBBだと左右の幅が狭くてチェーンリングがフレームに当たります。
そのため幅が広いタイプのカセットベアリングのBBが入ってます。
クランクはお店にあった余りを貰いました。

20150629223405a94.jpg

201506292234172ac.jpg
ワイヤ−が上から来ているので、プーリーで下引きに変換しています。

20150629223438f5a.jpg
シフトレバーのストロークが上位機種に比べて長いですが、使いにくさはありません。

20150629223451de8.jpg
片面フラット、片面SPDのA530。気分によって靴を替えます。

2015062922350258b.jpg
BENGALのメカニカルディスクブレーキ。
…すみませんよく知らないメーカーです。
とりあえず効いてくれるので変えてません。

20150629223511e6d.jpg
仕事帰りは大体暗くなるのでGENTOS閃を前照灯に使用。
無灯火にならないよう2灯付けています。

次回に続く( ̄へ ̄;)

★リーマ★
2015.06.29 / Top↑
←チェックを入れると管理者のみ閲覧できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。